2018年1月16日火曜日

日本に一時帰国して

Class of 2019Shunです。

受験生の皆様は、1月頭の出願を終えた方も多いと思いますが、次に迫るインタビュー対策、更なるスコアアップに向けて、お忙しいかと思います。
私も1年前は、ぎりぎりでの出願書類の作成や、いまだに出ぬGMATスコアとの格闘で、非常に苦しい年末年始を過ごしていたことを思い出します。
大変な時期ですが、体調にはくれぐれも気をつけて頑張ってください。

私はこの年末年始、日本に一時帰国をしていました。
半年ぶりに日本に戻り、アトランタとの違いを感じた点について記させていただきます。

■周囲の人との交流
日本に戻り、「周囲の人とのちょっとした交流」が少ないなと感じました。
アトランタでは、道ゆく人や従業員の方ともちょっとした会話がなされることが多いです。
先日、アトランタのスーパーで明らかにトマトパスタを作る感丸出しの食材を購入していた所、レジの方に
「あら、今日はパスタ?」
「ニンニクは買わなくて大丈夫?」
「この耐熱容器は保存用かしら?」
と満面の笑みで聞かれました(やや突っ込み過ぎですが)。

先日帰国した際に利用したUberでも、ドライバーの方が近隣大学のMBAホルダーで、
空港から家までの30分間、彼の経営観に関する講義を受けました。

Southern Hospitalityもあいまってか、こういったちょっとした交流がアトランタでは多く、
今では非常に心地よく感じています。

■食の環境
日本の飲食店は、価格も味もやはり最高でした。
暴食をし過ぎて、胃腸の病院に行ったのは内緒です。

一方、自炊をする上ではアトランタの環境も負けていないと感じました。
肉や野菜は大量に安価で購入することができますし、
これは意外ですが、日本ではなかなか手に入らないような各国の調味料も、アトランタの大型スーパーでは驚くほどの品揃えがあります。
加えて、非常に広いキッチンは料理をする際にとても快適です。

■サービスのレベル
日本はどこに行っても、本当に正確できめ細かやかなサービスをしてくれると感じました。
一時休止していた携帯の再会手続き、電話でのフライトキャンセルなどなど、ストレスなく対応してくれます。
一方アトランタに初めて来た際には、日本のサービスレベルとの差に毎日のように驚かされていました。同じ店に行っても、人によって言うことが違ったり、一度ダメと言われたことも交渉次第で結果が変わったり。
先ほども、家の暖房の効きが悪く部屋が寒いので問い合わせた所、駆けつけた担当の方に
「寒くないよ。ほら、外に出てごらん。中に入ってごらん。ほらね」
と言われました(騙されません)。

必要最低限のサービスを提供して、満足しない人には交渉次第で必要レベルのサービスが提供され、過剰サービスの日本と比較して、ある種合理的なのかもしれません。

以上、雑多な内容ではありますが、こちらの生活のイメージが少しでも伝われば幸いです。
明日からSpring Semesterが開始となります。
機会があれば是非ビジットもご検討ください。

goizueta_jp_studentgooglegroups.com

上記の@マークを、小文字の@にご変更ください。

2018年1月3日水曜日

ボストンキャリアフォーラムについて

あけましておめでとうございます。
Class of 2019のマロンです。

MBA受験もいよいよ残すところわずかとは思いますが、
受験生の皆様、最後まで頑張ってください。
(私も3月上旬までGMATの受験をしていましたので…)

今回は私が行ったボストンキャリアフォーラムについて書かせていただこうと思います。
私は来夏のインターン獲得に向けて11月にボストンに3泊4日で行ってきました。
 (以下全て私の感想なので、その点をご了承ください)

ボストンキャリアフォーラムは基本的には大学生向けのイベントなのですが、
一部MBA採用をやっている企業はインターンおよび本採用の面接も行っております。
私の場合、10社程度に申し込みをし、最終的にはテック系ベンチャーから運良く内定をいただくことができました。

インターン獲得までのおおまかな流れを以下のとおりです。

1.BCF(ボストンキャリアフォーラム)のサイトに登録し、インターンを募集している企業にレジュメを提出。企業によっては短めの志望動機などが必要なところも。

2.書類選考が通った企業と電話面接あるいはビデオ録画面接(英語および日本語)

4.BCF会場での面接連絡を受ける(企業によってレジュメ提出後、いきなりこのステップに)

5.BCF会場で複数回の面接を実施(英語および日本語)

6.内定が出た企業とディナー

私の場合、事前に十分な下準備が出来ていなかったこともあり、電話面接は全滅でした…
しかし、MBA受験でも感じたのですが、面接に関しては 数をこなしていけば、
ある程度うまくなっていき、最終的にはそれなりの受け答えが出来るようになりました。

面接で聞かれることはある程度決まっており、それこそMBA受験で聞かれたようなものが多かったです(志望理由、これまでのキャリア、リーダーシップ経験、強み、チームワークなど)

夏休みの過ごし方は色々とあると思いますが、私はMBAで身につけた知識を一度、実務に活用したいと考えています。 自分の企業以外で働くことは非常に良い刺激になり、自分自身成長することが出来ればと思っています。

受験生の皆様、寒い日が続きますが、体調に気をつけながら頑張ってください。

2017年12月17日日曜日

休みの過ごし方



どーもこんばんは、(こんにちは?)Class of 2019Yです。
今日はMBAでの休みの過ごし方について所感を書きたいと思います。

授業や学校での生活はもちろん大事ですが、休みの過ごし方は同等もしくはそれ以上に大事と私は考えています。休みの貴重な時間をどう使うかを入学前から考えておくことはとても大切、と渡米後5ヶ月経った今改めて感じております。本音を話すかどうかは別にしてインタビューでも夏休みや冬休みにどのようなことをしたいと考えているかのイメージを持っていて、インタビューの段階で調査も出来ている人は話の説得力が増すと思います。

エモリーの場合は大きく3つの休みWinter, Spring, Summerそして各約一週間のCareer week, Thanksgiving Break, Fall Breakがありますので、計5ヶ月程の休みがあります。当然ですが、私費であるか社費であるかによって休みの過ごし方は変わってきます。私費の場合は問答無用で忙しい生活を強いられることになります。私の場合は社費で、就職活動については一部しか経験していないため、私費の学生の休みの過ごし方はクラスメートからのヒアリングを中心に 参考までに書かせて頂きたいと思います。

私費:
Summer before entrance: カンファレンスへの参加、面接、インターン決定(主にメーカー)
Career week: カンファレンスへの参加、Career trekSF, NY等)、レジュメ、カバーレター作成、Coffee chat
Winter: Ski trip(希望制学生企画)、Coffee chat、面接対策、面接、インターン決定(コンサル・投資銀行)
Spring: Mid semester module(学校主催海外渡航プログラム)
Summer: インターン

クラスメートからの情報が中心になってしまいますが、アメリカでは面接の前にCoffee chatという形で社員とネットワーキングをすることが求められています。多くの企業(特にコンサルと投資銀行)ではしっかりと社員とのネットワーキングが出来ていないと面接に呼ばれないという事態に容易に陥るようです。そのため、投資銀行を志望する学生はほぼ毎週NYに飛んでいますし、コンサル志望の学生は授業の合間を縫ってDowntownBuckheadにネットワーキングに出掛けています。(多くのコンサルティング企業はアトランタにオフィスを構えています。)メーカーの場合は、カンファレンスや学校での面接が中心となっており、ネットワーキングについては相対的に重要度が低い様です。(日本でのインターンや個別の業界について詳細に聞きたいという方がいらっしゃいましたらご連絡を頂ければ幸いです。)

社費:
Career week: 休み
Winter: Ski trip(希望制学生企画)、ACE courses(希望制授業)、Exchange program(希望制最大5日)
Spring: Mid Semester Module(学校主催海外渡航プログラム)、Exchange program(希望制最大5日程度)
Summer: Exchange program(希望制最大1ヶ月半程度)

ご参考までに私が検討した休みの過ごし方をいくつか紹介したいと思います。
1.     米国(派遣元以外)でのインターン
私の場合は米国籍を保有するため問題ありませんでしたが、学生ビザで米国に渡航した場合のインターン獲得はとても難易度が高いと聞いています。(言語の問題に加えて米国の会社に就労ビザのスポンサーになってもらう必要があるため。)また、上でも記述しましたが、米国の多くの会社ではネットワーキングを求めるため、米国でのインターンを検討する場合、休みを含めた多くの時間を就職活動に割く事になります。私は複数の会社のinformation session(いわゆる説明会)に参加しましたが、結果的にはインターン獲得までの道のりが想定以上に険しいかつネットワーキングに多くの時間を割く事になるため、時間の効率的な使い方ではないと感じ断念するに至りました。

2.     派遣元の海外支社でのインターン
会社によっては夏休みに海外支社でのインターンを義務付けている会社もあると聞いていますが、私の派遣元ではそのような制度がなく、むしろ禁止されていたため、事前に米国支社に根回しをしておく必要がありました。私の場合はNYに立ち寄った際に現地の営業部長に相談し、もしインターンをしたいとなった場合人事部に掛け合ってもらえるよう頼みこんでいました。結果的にはお願いすることにはなりませんでしたが、会社のメールアドレスを失ってからではなかなか相談しづらいと思いますので、検討されている方は事前に交渉をしておくことをお勧めします。

3.     資格の勉強
社員に専門性を求める国とだけあって米国の資格はとても充実しているなと米国に来て改めて感じています。ファイナンス関連でいうと、
Chartered Financial Analyst (CFA)
Certified Public Accountant (CPA)
Chartered Alternative Investment Analyst (CAIA)
Certified Management Accountant (CMA)
Financial Risk Management (FRM)
Certified Financial Planner (CFP)
Financial Modeling Certification等々大量にあります。
受験料が高額なものも多いですが、テキストがしっかりしているので学びがとても多く、時間があるうちに挑戦してみるというのも悪い選択ではないと感じています。

4.     Exchange program
チリ、アルゼンチン、メキシコ、イギリス、フランス等々一年中どこかでExchange programに参加することが出来ます。期間としては3日から1ヶ月半のものまで幅広くあります。旅行以外で、または旅行のついでに現地の人や学生と関わりたいという人にはお勧めかと思います。注意点としては、授業料とは別にお金が掛かるプログラムもあるということと飛行機や宿代は自費になる場合が多いということです。

5.     世界一周
6.     米国横断

色々検討した結果、私は時間を要するまたは二度と経験することが出来ない(だろう)という観点から資格の勉強・世界一周・米国横断をすることにしました。他にも家族と時間を過ごす、本を読む、Directed study(教授との自由研究)を行う、 信長の野望で天下統一する、ドラクエ全シリーズコンプリートする等々、様々な野心や野望を持って休みを過ごしている人がおり、世の中色々な人がいるものだな、と大変勉強になっています。Blackberryに邪魔されない貴重な時間はもう二度と来ないかもしれないと思うと休みも真剣勝負ですね。


年末で大変な時期かと思いますが、最後まで諦めずに頑張って下さい!